オールドオメガの中でも、高い人気を誇るモデルといえば、スピードマスター


オールド オメガの生活防水シーマスターに今、注目する理由

オールドオメガの中でも、高い人気を誇るモデルといえば、スピードマスター(cal. 321搭載)を思い浮かべる方も多いと思います。
昨年はファーストモデルの復刻版も登場し、市場においてはプレミア価格で取引されています。
また、1950年代から60年代に作られた金無垢のコンステレーションは年々価値が上がっているように思えます。

●スピードマスターファーストモデル復刻版トリロジー(著者私物)

スピードマスターやコンステレーションの次に来るモデルとして、私が注目しているのが生活防水のシーマスターです。

●著者が最近購入した生活防水シーマスター(製造年は1955年前後)

■シーマスターの歴史

シーマスターは1948年に、オメガ創立100周年を記念して生まれたモデルです。
シーマスターは、今でこそ、高い防水性を誇るダイバーズウォッチの代表モデルですが、もともとは生活防水のモデルでした。
(その後、1950年代中盤にダイバーズウォッチのシーマスターが登場しました。)

■今、生活防水シーマスターに注目する理由

①昨今の時計業界のトレンドとして、1950年前後のモデルの復刻ということがあげられます。その中で1950年前後に作られた生活防水のシーマスターはトレンドを捉えていると言えます。

②今年はシーマスターの70周年のアニバーサリーイヤーであり、生活防水のシーマスターは「シーマスターの原点」です。

③同時に、シーマスター自体、オリンピックのイメージも強いモデルです。

●1956年発売、シーマスター・メルボルンオリンピックモデル。(オメガミュージアムにて著者撮影)

実際にオリンピック記念モデルとして、生活防水のシーマスターにインスピレーションを得たモデルも先日、発表されました。

●オメガ公式サイトより
https://www.omegawatches.jp/ja/watches/specialities/olympic-official-timekeeper/olympic-games-gold-collection/product/

2020年の東京オリンピックはピョンチャン以上に盛り上がることが予想されます。それは時計の市場としてもです。その中で、トレンドを捉え、アニバーサリーイヤーを今年迎え、オリンピックのイメージの強い生活防水のシーマスターは、注目されるのではないかと思っています。

生活防水のシーマスターの中でも私が特に注目しているのが、30ミリキャリバー搭載の手巻きのモデルです。

●著者が最近購入した生活防水のシーマスター (cal .284)。30ミリキャリバーの一種でセンターセコンド、パーツの赤金メッキ有り、てんぷのチラネジ無し、耐震装置有り。

■30ミリキャリバーの魅力

この30ミリキャリバーというのは、オメガの最高傑作とも呼ばれるムーブメントであり、1939年から1960年代前半にかけて約300万個近く作られたと言われています。スモールセコンド/センターセコンド、パーツの赤金メッキ有/無、てんぷのチラネジ有/無、パーツの面取り有/無、耐震装置有/無など様々なバリエーションが存在しています。

30ミリキャリバーの30ミリの由来は、クロノメーター検定のムーブメントの規定の最大サイズであることからです。

ゆったりとしたアンティークウォッチらしい、ロービートでありながら、きちんと精度も出て、耐久性に優れるといった品質がこのムーブメントをお勧めしたい一つ目の理由です。

また、30ミリキャリバーは来年アニバーサリーイヤーを迎えます。1939年に登場した30ミリキャリバーは来年80周年です。アニバーサリーイヤーに復刻モデルを出す昨今のオメガの戦略を考えると、このムーブメントに再び注目が集まる可能性もあります。

■コンディションとバリエーションを選べるオリジナルモデル

30ミリキャリバー搭載の生活防水シーマスターは市場でも数が多いです。(一時期に比べてだいぶ減った気はしますが。)
また、ステンレススチールケースのモデルで15万円前後(2018年)と比較的手の届きやすい価格です。
数が多く、手の届きやすい価格から、コンディションやバリエーションにこだわることができます。

コンディションの良いオリジナルモデルを現実的な価格で手に入れることができるというのもこの時計の魅力であると思います。

ジャガー・ルクルト 葛飾北斎の浮世絵をはじめ、傑作をケースバックに描いた世界初のレベルソ

ジャガー・ルクル
ジャガー・ルクルト 葛飾北斎の浮世絵をはじめ、傑作をケースバックに描いた世界初のレベルソ

ケースを裏返すと現れるサヴォアフェール。
稀代の芸術作品を秘めた「レベルソ・トリビュート・エナメル」

ジャガー・ルクルトは葛飾北斎の浮世絵をはじめ、ほかにも西洋の芸術作品をケースバックに描いた限定モデル「レベルソ・トリビュート・エナメル」を発表。ブランドの稀有なクラフトマンシップを注いだ3モデルを、それぞれ限定8本でリリースした。

わずか3㎠のスペースに、絵画の世界観を再現

エナメル装飾とエングレーブを施した、ジャガー・ルクルト初の試みとなるレベルソが登場した。

ベースとなるのは、ジャガー・ルクルトのアイコンであり、象徴的なアールデコ様式が目を引く「レベルソ・クラシック・スモール」。さらに、この限定モデルのためだけに特別に作られた18KWGケースは、額縁としての役割も担い、裏表が調和するよう製作されている。

ケースバックの芸術作品に選ばれたのは、葛飾北斎の浮世絵『神奈川沖浪裏』、点描画で有名なジョルジュ・スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』、そして中国の画家、徐悲鴻の水墨画から着想された2頭の馬の絵。浮世絵、点描画、水墨画という異なる技法と象徴的スタイルを取り入れながら、絵の世界観を高度なエナメル細密画で美しく描いている。

葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』では、この作品の命ともいえる躍動感のある波のうねりと飛び散る水しぶきを、3㎠のスペースに再現。ジョルジュ・スーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』でも、点描画を描くため、独自の工具を製作するなど、長い時間をかけ具現化されたという。

一方、手作業により精緻なギョウシェが施されたダイアルは、半透明のグランフーエナメルで覆われ、1931年のレベルソ初代モデルから受け継いだアールデコ様式のコードなど、メゾンのアイデンティティを感じさせる表情を纏う。

02_enamelartjaeger-lecoultre
ダイアルだけでなく、ケースを反転させたときに現れるケースバック側の絵画に対する驚きも含めたアートピース。いずれも8本ずつの限定モデルだ。

エンジェルスのシャネル・イマン、スターリング・シェパードと結婚!


元VSエンジェルスのシャネル・イマン、アメフト選手のスターリング・シェパードと結婚!

モデルのシャネル・イマンが、アメリカン・フットボール選手のスターリング・シェパードと結婚した。

人気下着ブランドVICTORIA’S SECRET[ヴィクトリアズ・シークレット]の元エンジェルスとして知られるシャネルは、現地時間3日にロサンゼルスの「ビバリーヒルズ・ホテル」で結婚したとゴシップ誌「Usウィークリー」は伝えた。モデルのジョーダン・ダンやクリッシー・テイゲン、NFL選手のオデル・ベッカム・ジュニアらが出席。シャネルは白のウエディングドレスを、オデルは白のタキシードを着用しており、「デイリー・メール」紙がSNSに挙げられた結婚式の写真をアップしている。

素敵な結婚式となったようで、シャネルとスターリングは幸せでいっぱいに違いない。

マニュファクチュール ロワイヤル テーラーメイドのウォッチを製作するための「ロイヤル・ビスポーク」ワークショップ

マニュファクチュール
マニュファクチュール ロワイヤル テーラーメイドのウォッチを製作するための「ロイヤル・ビスポーク」ワークショップ
もし究極のラグジュアリーが、時というものに対して特別な感覚をもたらし、所有者のテイストを忠実に反映した唯一の時計を所有するということであるとしたら、どうでしょうか? この考察に基づき、Manufacture Royale(マニュファクチュール・ロワイヤル)がテーラーメイドのウォッチを製作するための「Royal Bespoke(ロイヤル・ビスポーク)」ワークショップを立ち上げました。

 このワークショップの創設は、2017年のいくつかのスペシャル・オーダー実現のための論理的なフォローアップです。スローガンに、創業者であるヴォルテールの「Dare to think for yourself(自分のためを考えなさい)」を掲げるブランドにとって、自分の時計をパーソナライズして、個性を表現するということは、ごく自然なことだとは思いませんか?
 このパーソナライズのコンセプトは、マニュファクチュール・ロワイヤルのすべてのコレクションに対応しており、顧客のリクエストに応じていくつかのコンポーネントをカスタマイズすることができます。それは、創作過程におけるパーソナライズの数多くの可能性を示しています。

 各プロジェクトは、クライアントとの徹底したディスカッションから始まります。このアプローチにより、クライアントは、個別の関係を作りながら、テーラーメイドの時計を創作する過程を通して、マニュファクチュール・ロワイヤルのハイエンドのウォッチメイキングの世界に没頭することができます。

 パーソナライズされた時計の創作には、クライアントとのリクエストを完璧に満たし、喜んでいただけるパートナーとして、ウォッチメイキングにおける芸術性と熟練のクラフトマンたちの力が必要です。

 このサービスを開始するにあたり、ジュネーブで開催されるCrownologyで、マニュファクチュール・ロワイヤルからパーソナライゼーションの可能性を提供するためのユニークピースが紹介されます。

(写真右上から順に)

Androgyne Origine Flying Tourbillon in steel
アンドロジーン・オリジン フライング・トゥールビヨン
ケース径:43.0mm
ケース厚:10.2mm
ケース素材:SS
防水性:3気圧日常生活防水
ストラップ:ブラックアリゲーター
ムーブメント:手巻き、Cal.MR06、毎時21,600振動、約108時間パワーリザーブ、15石
仕様:フライング・トゥールビヨン、ブラック仕上げのスケルトン・ムーブメント、ハンドペイント オレンジの針(Lamborghiniからの閃き)、サファイア・クリスタル風防
限定:ユニークピース

Androgyne Tourbillon steel
アンドロジーン・トゥールビヨン
ケース径:43.0mm
ケース厚:10.2mm
ケース素材:特別なサンドブラスト仕上げのSS
防水性:3気圧日常生活防水
ストラップ:ブルーアリゲーター
ムーブメント:手巻き、Cal.MR02、毎時21,600振動、約108時間パワーリザーブ、17石
仕様:トゥールビヨン、ブラック仕上げのスケルトン・ムーブメント、ハンドペイント ペールブルーの針(Alfa Romeo 8C Competizioneからの閃き)、サファイア・クリスタル風防
限定:ユニークピース

Androgyne Origine Flying Tourbillon in rose gold
アンドロジーン・オリジン フライング・トゥールビヨン
ケース径:43.0mm
ケース厚:10.2mm
ケース素材:ローズゴールド
防水性:3気圧日常生活防水
ストラップ:ブラウンアリゲーター
ムーブメント:手巻き、Cal.MR06、毎時21,600振動、約108時間パワーリザーブ、15石
仕様:フライング・トゥールビヨン、ブラウン仕上げのスケルトン・ムーブメント、サファイア・クリスタル風防
限定:ユニークピース

Haute Voltige in rose gold
オート・ヴォルティージュ
ケース径:45.0mm
ケース厚:13.8mm
ケース素材:ローズゴールド
防水性:3気圧日常生活防水
ストラップ:ブルーアリゲーター
ムーブメント:自動巻き、Cal.MR07、毎時21,600振動、約40時間パワーリザーブ、31石
仕様:時・分表示、分単位で設定可能なセカンドタイムゾーン表示、ブルー・ダイアル、ハンドペイントのセカンドタイムゾーン表示針、サファイア・クリスタル風防
限定:ユニークピース

Haute Voltige in rose gold
オート・ヴォルティージュ
ケース径:45.0mm
ケース厚:13.8mm
ケース素材:ローズゴールド
防水性:3気圧日常生活防水
ストラップ:ブルーアリゲーター
ムーブメント:自動巻き、Cal.MR07、毎時21,600振動、約40時間パワーリザーブ、31石
仕様:時・分表示、分単位で設定可能なセカンドタイムゾーン表示、カーキ・ダイアル、ハンドペイントのセカンドタイムゾーン表示針、サファイア・クリスタル風防
限定:ユニークピース

ユニクロ×JW アンダーソン、新作となる2018春夏コレクションルック公開

ユニクロ
ユニクロ(UNIQLO)とジェイ ダブリュー アン ダーソン(JW ANDERSON)がコラボレーションしたコレクション「UNIQLO and JW ANDERSON」の新作となる2018年春夏コレクションのルックが一部公開された。

英国の夏を象徴する南イングランドのリゾート地、“ブライトン・ビーチ”をテーマにした今シーズン。サブカルチャーの発信地としても知られるブライトン特有の自由奔放な文化からインスピレーションを受け、コレクションはユニセックスなベーシックアイテムを自由にミックスしたり、レイヤードしたり様々なスタイリングが楽しめるアイテムラインアップで展開される。

トゥルーブルー、ポピーレッド、セージグリーン、ホワイトやベージュなど、日焼けを思わせるソフトなニュアンスのカラーパレットをキーに、海辺を連想させるボーダーTシャツやワンピース、カラフルなニットポロ、シアサッカー地のボンバージャケット、ラッフルやリボンをあしらったブラウス、フレアスカート、イギリス諸国のアイコンであるカモメモチーフをプリントしたTシャツ、ニット、バッグなどが登場。

メンズ、ウィメンズともに4月20日より世界19ヶ国と地域にあるユニクロ店舗及び、ユニクロオンラインストアにて販売がスタートする。

チョコレート店のような鞄屋?土屋鞄が日本橋にオープン


まるでチョコレートショップ?土屋鞄製造所(TSUCHIYA KABAN)がチョコをイメージした鞄屋を東京・日本橋の「コレド室町3」にオープン。 2018年1月17日(水)から2月14日(水)までの限定ショップだ。

テーマはレザーチョコ

もともとランドセルからはじまり、今では革鞄を手掛ける土屋鞄製造所。これまで”大人のランドセル”などユニークなアイテムをリリースして話題を集めてきた。

彼らがバレンタインに取り組むのは、「レザーチョコレート」をテーマにしたお店。 濃厚なチョコレートカラーの革で仕立てたバレンタイン限定アイテム「マスタートラベルケース」 や、 ギフトにおすすめの革小物や鞄を取り扱う。

店内もチョコに

店内は板チョコモチーフのディスプレイが配置されていたり、板チョコの上に財布などのアイテムを配置。全体的にはにブラウンカラーを中心とした鞄や革小物が並ぶ。さらにスタッフも、チョコレートショップをイメージしサロンを巻いて接客する。

バレンタイン限定製品「マスタートラベルケース」

「マスタートラベルケース」は、スリムなボディにパスポートなど小物をコンパクトにに収納できるケース。高級感あるスムースレザーで仕立て、グローバルな時代の男性にはもってこいのギフトになりそう。

店舗概要

期間:2018年1月17日(水)~2月14日(水)
場所:コレド室町3 3階
住所:東京都中央区日本橋室町1-5-5
営業時間:10:00~21:00
問い合わせ先:
TEL 080-3389-1132
※ストアオープン期間のみ開通

mame 2018年春夏コレクション – 私のあつめた大切な日常

mame
mame(マメ)の2018年春夏コレクションは、デザイナーの黒河内が誕生日にもらったWilliam Egglestonの写真集をインスピレーションにした。1970年代、まだモノクロームフィルムが主軸であった写真の世界で、アメリカの新たな写真家たちがカラーフィルムを使用して撮った写真は「New Color」と呼ばれている。その写真家の一人であるWilliam Eggleston。彼の作品は、何気ない日常を切り取ったものばかりで、ページをめくるたび自分が見落としてしまいそうな“大切な何か”に気づかされるのである。

今シーズンのmameも彼の作品と一緒。ひとつのアイテムを手に取るたび、そして身に着けるたび“大切な何か”に気づかされる。なぜなら、今季のコレクションは、日常に溢れるものが、黒河内の脳内フィルターを経由して、洋服に形を変えたものばかりなのだから。

例えば、荒い編み目のニット部分。これは洗った野菜を吊るす網が着想源だ。野菜が落ちないように頑丈に編まれるはずのそれは、肌と重なり、女性らしさを引き出すものへと解釈された。同じく女性らしさを表す、ふわりと揺れる白いドレスは、光を通わせる間戸際のカーテンから。タクシーの中から見たあの青いビニールシートは、今季のキーカラーとなって、ニットワンピースやブラウスを鮮やかに彩る。

どこかで目にした看板のタイポグラフィーも、祖母の家の庭に咲いていた小さな花も、軒先で使われていた漁で使われたであろうガラス玉も……。本来は関係ないはずなのに、このコレクションの中では全てが繋がって、儚くも力強い女性像をしっかりと具現化してくれる。

オメガ 応援の意をこめて髙梨 沙羅選手に平昌モデルの時計を贈呈


オリンピックのオフィシャルタイムキーパーをつとめるオメガが、2018年2月9日から始まる平昌大会での女子スキージャンプ金メダルを目指す世界に誇る日本人ジャンパーの髙梨 沙羅選手を銀座本店に迎え、応援の気持ちをこめて時計を贈呈しました。髙梨選手は、オメガが今後、全世界で展開するオリンピックキャンペーンにも参加します。
 オメガの平昌大会の記念モデルである「シーマスター アクアテラ “ピョンチャン 2018” リミテッド エディション」を贈呈したオメガ事業本部長の沖早織さんは、「平昌大会にむけ、オメガは世界各国のアスリートたちと大々的なキャンペーンを展開する予定です。髙梨選手もこのキャンペーンに参加してくださることになりました。髙梨選手のような素晴らしいアスリートが参加してくださることは大変光栄で、私たちはこのキャンペーンを通じて髙梨選手へ大きな声援を送りたいと思います。髙梨選手の平昌大会での大きな成功、ご活躍を祈っています」とエールを送りました。これを受けて髙梨選手は、「平昌大会にむけて金メダルをとるために練習をしているので、今まで応援してくださった方々へ結果で恩返しをできるよう、頑張って練習を続けていきたい」と平昌大会にかける思いを語りました。

  髙梨選手に贈られた「シーマスター アクアテラ “ピョンチャン 2018” リミテッド エディション」は、革新的技術と美しさを備えた人気の定番モデルをベースに、オリンピックという世界的に大きなスポーツイベントにフォーカスして2018本限定で製作された時計です。象徴的な5色のオリンピックカラーに彩られた “PYEONGCHANG 2018” の文字が、ブルーのダイアルの分目盛りに刻まれています。さらにユニークなのは、開催年の数字である20と18が、偶然にもそれぞれ分目盛りとして適切な場所(20分と18分の位置)に配されていることです。サファイアクリスタルガラスの透明のケースバックには平昌大会のロゴが入り、ケースのサイドには限定番号が刻まれています。この時計を着けた髙梨選手は、「こんなに素晴らしい時計をつけたことがないので、緊張しています。ピョンチャン大会まで残り時間を刻々と刻んでいると思うと身が引き締まる思いです。自分のモチベーションを高めるためにも時計を見て頑張ります」と述べました。
OMEGA(オメガ)応援の意をこめて髙梨 沙羅選手に平昌モデルの時計を贈呈
 オメガは、1932年のロサンゼルス大会で単一ブランドとしてオリンピックの全競技の計時を初めて担当し、この平昌大会で28回目のオフィシャルタイムキーパーをつとめます。今大会では、精密なデータを即座に提供するための様々な新技術を導入し、その競技で今、何が起こっているのかを観客がリアルタイムでより深く理解できるようになると同時に、 選手のパフォーマンス向上にも役立てられます。このようなデータ処理と情報提供は、オリンピック史上なかったことであり、今大会がオリンピックの新たな時代の幕開けとなることは確かです。

  平昌大会の次となる2020年の東京大会でも、オメガはオフィシャルタイムキーパーをつとめ、さらに今年、国際オリンピック委員会(IOC)とのパートナーシップを2032年まで延長することを発表しました。これにより、2032年の第35回オリンピック大会で、オメガとオリンピックとのパートナーシップは100年を迎えることになります。この長年にわたる経験と知識が、それぞれの競技に特化、カスタマイズした計時システムと、各競技のエキスパートであるタイムキーパーを育み続け、今も、そしてこれからもオリンピックの一端を担います。

 
シーマスター アクアテラ “ピョンチャン 2018” リミテッド エディション
Ref.522.10.42.21.03.001
ケース径:41.5mm
ケース素材:SS
防水性:15気圧(150m)
ストラップ:SSブレスレット
ムーブメント:自動巻き、Cal.8500
仕様:両面に無反射加工を施したドーム型強化無反射サファイアガラスクリスタル風防
限定:世界限定2018本、オリンピックデザインの特製ボックス入り
価格:640,000円(税抜)

[オメガに関するお問合せは]
オメガお客様センター
TEL:03-5952-4400
https://www.omegawatches.jp/

エンダースキーマ × G-SHOCKのコラボモデル誕生。初の本革レザーバンド起用


エンダースキーマ(Hender Scheme)と、35周年の歴史をくつがえす試みをしようというジーショック(G-SHOCK)のコラボレーションモデルが、2018年1月3日より発売される。

エンダースキーマ×ジーショック DW-5600HS-4JF(2万6,000円)

カシオ(CASIO)製のジーショック本体と、エンダースキーマ製のレザーベルトを組み合わせたコラボレーションモデルで、本革のレザーバンドの起用はジーショック35年の歴史において初めての試み。

耐久性で知られるジーショックに見合った堅牢なレザーベルトをつくるため、エンダースキーマでは、姫路のタンナーによるピット鞣しのカウレザーを採用。通常はドラムに入れてなめす工程をピットの中に漬け込み、静かに鞣す「ピット鞣し」という方法をとることで、繊維が詰まった頑丈なレザーになる。

ケース本体はDW-5600をベースにしており、ケース裏面にブランドロゴや機能を刻印するなどミニマルなデザイン。ジーショックのデジタル表示が伝える精密な時間と、エンダースキーマの特徴ともいえるベジタブルタンニン鞣しのレザーベルトの経年変化が伝える時間。デジタルと経年変化、この2つの時間軸で時の流れを表示するモデルとなった。

そのほか機能、耐衝撃構造(ショックレジスト)、20気圧防水、ストップウオッチ、マルチアラーム・時報、フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、ELバックライト(残照機能付き)、ブルーグリーン、点灯時にロゴ表示「Hender Scheme」、報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)。

スキマのオンラインショップと、国内外のエンダースキーマ取り扱い店舗にて販売。

TATOOのようにケース全面にシルバー彫金を施した、カスタムG-SHOCK


DAMUE(ダミュー)は、ハイジュエリーをバックグラウンドに持つデザイナーによるシルバーアクセサリー、カスタムウォッチを手掛けるブランド。2017年12月15日(金)から12月17日(日)まで、東京・目黒river side Gallery NO DESIGNにて開催されるポップアップストアに、妖刀村正の名を冠したカスタムG-SHOCK「MURAMASA」が登場する。

妖刀村正の名を冠したカスタムG-SHOCK

1983年に誕生したG-SHOCKはどんな衝撃にも耐える堅牢性を誇り、また現代のデジタル時計を代表する名作ウォッチだ。そのG-SHOCKのベゼルをシルバーにカスタムし、全面に手彫りの彫金が施された「MURAMASA」が登場した。

彫金は職人による手彫りで、端麗な仕上がり。ストラップ素材には腕時計のベルトメーカーBAMBIによるレザーが用いられ、フォーマルシーンでも着用可能。制作に1カ月の時間を要するため限定8本で販売される。

G-SHOCKを工芸品の域へと昇華させた「MURAMASA」には、“後世に残すべき日本の技術”というDAMUEの強いメッセージが込められている。

価格|28万円(税込)

DAMUE POP-UP STORE

オープン期間|2017年12月15日(金)~12月17日(日)
営業時間|11:00~20:00(※15日のみ13;00~20:00)
会場|river side Gallery NO DESIGN
住所|東京都目黒区上目黒1-5-10